木目金美術館

 

木目金美術館は、日本で唯一の金属工芸技術に関する特定非営利活動法人である「NPO日本杢目金研究所」の監修および、日本初の木目金オーダーメイド専門店である「株式会社杢目金屋(もくめがねや)の協力のもと研究者や専門家のためだけでなく「一般の方への木目金の普及」を目的に開設いたしました。

本美術館の運営を通じて、1人でも多くの方に「木目金」に興味をもっていただくことこそ、未来に活きる木目金の技術の継承と発展につながると信じております。

 

The MOKUMEGANE MUSEUM is the only museum in Japan to take as its permanent collection of the metalwork.

At the museum, we study and preserve the MOKUMEGANE technique as well as other related skills and culture.
Furthermore, we aim to broadly promote MOKUMEGANE, a 400 year old metalsmithing technique unique to Japan.

 

本webページに掲載される全ての情報は知的財産権で保護されており、高橋正樹または日本杢目金研究所の許可無く本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。

ブログ

MOKUMEGANE TSUBA : 木目金鐔 無銘

江戸時代後期 赤銅、銅 H71.2×W68.5×T4.1mm 125.6g Tsuba with designed of woodgrain pattern Unsigned Late Edo period Shakud …

GURIBORI TSUBA : グリ彫り鐔 偽名 出羽秋田住正阿弥伝兵衛

こちらは偽の銘が刻まれていることで有名な、いわくつきの鐔です。 偽の銘を入れるにしても、その「偽」質が重要になってきます。 グリ彫りそのものが技術として難易度があり、そして彫りも精巧にされている等、当時の職人の研究熱心な …

MOKUMEGANE KOZUKA : 木目金 小柄

裏側には木目金が貼られている作品。 海外輸出向けに作られたと思われる、日本的なモチーフが多い中の一品です。 木目金も量産の装飾に使用されるようになったことの表れで、時代と技術の変遷がうかがえます。 江戸時代後期~明治 銀 …

Incense Container: 屈輪香筒

約370年以上の時を経ていると思わる香筒です。 しかし、その経てきた時間を感じさせないほどの、美しい状態で残っています。 丁寧な仕事の物で、美しい彫りの配列は、一目見て忘れられないような代物です。 線香を入れるもので、長 …

TEA SPOON: 屈輪茶味

茶味とは茶葉を掬う茶さじのことです。 前面に規則正しく施されたグリ彫りの彫りは、インパクトがあり、しかし規則の中の美しさがあります。 艶のある表面と相まって、その形に納まったグリ彫りの層の模様は、気品を感じられます。 江 …

PAGETOP
Copyright © MOKUMEGANE MUSEUM All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.